HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

WEEZER/THE RENTALS

1
WEEZER
1994年。ギター兼ボーカルが2人の4人編成。アメリカ出身。ギターにあいまいなディストーションがかかっているが、シンプルなロック。この時期特有の陰鬱さやボーカル・メロディーの抑揚のなさは感じられない。バック・コーラスにアマチュアらしさを残し、80年代ロックとは対極にあるバンドの生々しさを作っていると思われる。パワー・ポップと呼ばれることもある。プロデューサーはカーズのリック・オケイセク。「バディー・ホリー」収録。
2
PINKERTON
1996年。曲がハードになり、必要に応じてキーボードも使う。前作と同様、4曲目がポップ。メロディーも覚えやすくなり、快活さがある。「ザ・グッド・ライフ」「ピンク・トライアングル」収録。ジャケットは安藤広重の「東海道五十三次」の「蒲原」。アルバムタイトルのピンカートンはプッチーニのオペラ「蝶々夫人」に出てくるアメリカ人の名前。アメリカではデビュー盤を大きく下回る売り上げだったが日本でヒットした。
 
EL SCORCHO
1996年。シングル盤。アルバム未収録曲2曲収録。
 
THE GOOD LIFE
1996年。シングル盤。「アイ・ジャスト・スルー・アウト・ザ・ラヴ・オブ・マイ・ドリームス」はキーボード主導で女性ボーカルになっている。
3
GREEN ALBUM
2001年。ハードロックとなり、ギターが2人いることのメリットを生かした曲が増えている。コーラスも慣れている。ボーカルがこのサウンドよりソフトなハードロック・バンドはたくさんあるが、ハードロックのバンドというイメージが一度でもつくと、注目度が大きく下がるのはしょうがない。ハードロックとしてデビューしなかったことが幸いしている。曲が短く、10曲でも30分以下しかない。
 
PHOTOGRAPH
2001年。シングル盤。日本のみの発売。「クリスマス・セレブレイション」はアルバム未収録曲。曲はクリスマスの雰囲気ではない。
4
MALADROIT
2002年。前作よりもソフトな方に戻ったが、曲によっては「グリーン・アルバム」程度のハードさがある。曲数が多くなっても曲の長さは2分半くらいで、最長でも3分半に届かないシンプルさ。メロディーは一貫している。
 
KEEP FISHIN'
2002年。シングル盤。「フォトグラフ」と「デス・アンド・ディストラクション」のライブ収録。
 
KEEP FISHIN'
2002年。シングル盤。
5
MAKE BELIEVE
2005年。「グリーン・アルバム」と「マラドロワ」の中間のようなサウンドで、「グリーン・アルバム」よりも音が整った感じだ。「ディス・イズ・サッチ・ア・ピティ」「マイ・ベスト・フレンド」ではキーボードが使われる。アレンジ能力が上がり、曲がやや長くなった。
6
WEEZER
2008年。邦題「ザ・レッド・アルバム」。「ザ・グレイテスト・マン・ザット・エヴァー・リヴド(ヴァリエイションズ・オン・ア・シェイカー・ヒム)」はウィーザーのアレンジ能力の到達点ではないか。「ハート・ソングス」は1970年代から90年代までの、リヴァース・クオモが影響を受けたアーティストを回顧する曲。5分、6分の曲が増えた。キーボードをほとんど使わず、バンドサウンドだけで演奏している。ボーナストラックの「ザ・ウェイト」はザ・バンドのカバー。「ライフ・イズ・ホワット・ユー・メイク・イット」はトーク・トークのカバー。「メリクリ」は日本語で歌われる曲。
7
RADITUDE
2009年。リヴァース・クオモとメンバー以外の作曲者が共作した曲がほとんどを占める。どの曲も自信がみなぎり、安定感のあるサウンドになっている。ポップを絵に描いたようなアルバム。オープニング曲の「アイ・ウォント・ユー・トゥ」は覚えやすい。「ザ・ガール・ガット・ホット」はゲイリー・グリッターの「ロックン・ロール・パート2」を思わせるリズム。「ラヴ・イズ・ジ・アンサー」はシタールが使われ、歌詞にはインド系文字(デーヴァナーガリー)が含まれる。日本盤は2枚組になっているが、2枚合わせても16曲で56分。
8
HURLEY
2010年。前作の前向きなポップさとロックの快活さを持っている。オープニング曲の「メモリーズ」と次の「ルーリング・ミー」はすばらしい。ストリングスが入った「ハング・オン」もいい曲だ。「アンスポークン」「タイム・フライズ」はアコースティックギター中心の曲で、後者は終始ノイズの中で演奏される。ボーナストラックの「美しき生命」はコールドプレイのカバー。
DEATH TO FALSE METAL
2010年。
 
RETURN OF THE RENTALS/THE RENTALS
1995年。邦題「レンタルズの逆襲」。ウィーザーのベースが結成したバンド。編成は定かではないが、写真によるとボーカル兼ベース兼ムーグが中心で、ほかにムーグ奏者が2人、バイオリン奏者を含む6人。ムーグの1人は女性で、ボーカルもとる。ムーグで演奏することが目的になっているようなサウンド。プログレッシブ・ロックやアメリカン・プログレッシブ・ハードロックで聞かれるような厚みのある音よりも、電子的、機械的な音を選んでいる。ボーカルはオルタナティブ・ロック風。あまり声を張り上げない。日本盤は1996年発売。
 
SEVEN MORE MINUTES/THE RENTALS
1999年。ボーカル、ギター、ムーグ、ドラムの4人編成。メンバー以外のアーティストが全曲で参加しており、ほとんどの曲で女声ボーカルが入っている。前作でバイオリン奏者だったザット・ドッグのペトラ・ヘイデンが最も活躍し、ブラーのデーモン・アルバーン、アッシュのティム・ウィーラー、エラスティカの女性ボーカルも参加している。正規のメンバーだけで完成させるという感覚はないようだ。曲調はやや落ち着き、ムーグもメーンの楽器とまでは言えなくなっている。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com