ED SHEERAN

エド・シーランはシンガー・ソングライター。1991年生まれ。イギリス出身。デビュー当初はホームレスのアーティストだったことが強調されていた。演奏するのはアコースティックギターが中心だが、フレーズをその場で録音してリピートするエフェクターを駆使し、バンドのようなサウンドを一人で再現する。エフェクターの技術を分かりやすく可視化したこと、エレクトロニクスを多用する2010年代のサウンドを取り入れていること。金髪の若い白人男性であること、など多くの要素が重なって2010年代を代表するアーティストとなった。

1
+

2012年。邦題「プラス」。アコースティックギターを中心に弾き語るシンガー・ソングライター。ピアノも弾き、キーボードとプログラミングは知人の補助を受けている。多数の聞き手に聞かせようとするよりも、1人、または数人に聞こえる程度の声量で歌う。若いので歌詞は自分を中心とする状況が多いが、やがて社会のありように目を向けるのだろう。ラップというよりも早口のボーカルが出てくるところは、一般的なシンガー・ソングライターと異なる。プログラミングを使っていても、全体としてはアナログ楽器によるバンドサウンドの整合感がある。

2
×

2017年。邦題「×(マルチプライ)」。エド・シーランはボーカルとギターにほぼ専念している。ベース、ドラム、キーボード、プログラミングはゲストを迎えている。ボーカルを多重録音したり、ストリングスをうまく使うようになった。陰鬱ではないものの、明るい曲調はあまりなく、若さの割には内省に傾いている。「ザ・マン」「テイク・イット・バック」で前作の早口とは異なる本格的なラップを披露する。「シンキング・アウト・ラウド」は比較的情緒性が高い。「アファイア・ラヴ」「イーヴン・マイ・ダッド・ダズ・サムタイムズ」はピアノ中心。

3
÷

2017年。邦題「÷(ディヴァイド)」。アコースティックギターを中心にしながら、ラップによるボーカル、キーボード、ストリングス、バンドを伴う力強いサウンド。外に向かって開かれた印象を受ける。アコースティックギターだけの弾き語りや1人で完結できそうな曲少なく、「ハーツ・ドント・ブレイク・アラウンド・ヒア」「ホワット・ドゥー・アイ・ノウ」、ピアノ弾き語りの「スーパーマーケット・フラワーズ」くらいだ。「ゴールウェイ・ガール」「ナンシー・マリガン」はホイッスル、バイオリンを使ったアイルランド音楽風の曲。「バルセロナ」「ビビア・ベ・ィエ・ィエ」はカリブ海風。「キャッスル・オン・ザ・ヒル」はいい曲だ。

4
NO.6 COLLABORATION PROJECT

2019年。15曲全てが誰かと協演している。エド・シーラン自身が大物アーティストなので、協演するアーティストも大物が揃っている。このアルバムに参加しているアーティストは2010年代の、特に若年層から支持を得ているアーティストの一覧とも言える。「サウス・オブ・ザ・ボーダー」はカミラ・カベロとカーディー・B、「クロス・ミー」はチャンス・ザ・ラッパー、「アイ・ドント・ケア」はジャスティン・ビーバー、「アンチソーシャル」はトラヴィス・スコット、「リメンバー・ザ・ネーム」はエミネムと50セント、「ウェイ・トゥ・ブレイク・マイ・ハート」はスクリレックス、「ブロウ」はブルーノ・マーズが参加している。協演したアーティストは概ね作曲にも参加しているが、歌っているだけの曲もある。90年代からヒット曲を多数作曲しているマックス・マーティンとシェルバックが4曲で参加している。アコースティックギター中心の「ベスト・パート・オブ・ミー」はエド・シーランのイメージに近い。エレクトロニクスを多用したポップス、ヒップホップが続き、最後の「ブロウ」で古風なハードロックになるのは面白い。エミネムと50セントが参加した曲が「リメンバー・ザ・ネーム」というのは意図的な曲名だろう。